医療法人豊友会 豊島耳鼻咽喉科クリニック

小山市神鳥谷の 耳鼻咽喉科,気管食道科
医療法人豊友会 豊島耳鼻咽喉科クリニック

〒323-0827 栃木県小山市神鳥谷1085-4
TEL 0285-22-1069

rss

トップページ»  ダニによるアレルギー性鼻炎の舌下免疫療法

ダニによるアレルギー性鼻炎の舌下免疫療法

舌下免疫療法とは

 アレルゲン免疫療法(減感作療法)のひとつで、アレルギーの原因であるアレルゲンを舌の下に少量から投与することで、からだをアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法です。
 この治療により、アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状をおさえられる可能性があります。
 ただし、アレルゲンを投与することから、アレルギー反応がおこる可能性があり、まれに重篤な症状が発現することもありえます。また、すべての患者さんに効果が期待できるわけではありません。
 治療は3~5年と長期にわたりますが、内服薬や外用薬のような対症療法とは異なり、アレルギーに対して唯一根治の期待できる治療法です。

 
 

舌下免疫療法の実際

 

検査によりダニによるアレルギー性鼻炎と診断された成人、および5歳以上の小児の患者さんが治療を受けることができます。
  服用方法は、アレルゲンを含む治療薬(ダニアレルゲンエキス)を舌の下に1分間保持したあと飲み込みます。1日1回、3~5年続けます。注射ではないので痛みはなく、初回投与以外は、自宅で服用できます。
  治療のスケジュールは、初回のみダニ舌下錠を医療機関で服用し、初めの1週間は 3,300 JAU を服用し、2週目以降は 10,000 JAU を服用します。その後は定期的に受診しながら、長期間服用し続けます。
  スギ花粉舌下の薬価は、1週目の 3,300 JAU が1錠 63円、2週目以降の 10,000 JAU が1錠 189円となっています。
 

舌下免疫療法の副作用

 

副作用は、①服用後30分以内 ②服用開始から1か月位 ③スギ花粉飛散時期 におきやすいので、注意が必要です。
最も多い副作用は、口の中特に舌の下の腫れですが、通常は食事や会話に差し支えるほどにはなりません。
  これまでの本邦での治験では発生例はありませんが、まれにショックやアナフィラキシーがおこる可能性があります。
   この場合、じんましんなどの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状、突然のショック症状(顔面蒼白、意識の混濁など)がみられます。
   可能性はごく低いのですが、こうした重篤な副作用が起こりうることを理解したうえで、治療にのぞんでください。

舌下免疫療法を希望される方へ

 

舌下免疫療法を希望される方は、以下の6つの項目すべてに「はい」と答えられた場合のみ、当クリニックにご相談ください。
1) 長期間の治療を受けられる。
    2) ダニ舌下錠の服用(舌の下に1分間保持)を毎日継続できる。
    3) 少なくとも1か月に1度受診することができる。
    4) すべての患者さんに効果を示すわけではないことが理解できる。
    5) 効果があって終了した場合でも、その後効果が弱くなる可能性があることが理解できる。
    6) アナフィラキシーなどの副作用がおこるおそれがあることが理解でき、副作用がおきたときの対応が理解できる。

舌下免疫療法が受けられない方、注意が必要な方

 

以下の4項目に該当する方は、舌下免疫療法を受けることができません。
 ① アレルギー性鼻炎の原因がダニではない方
     ② 重い気管支喘息の方
     ③ 悪性腫瘍(がん)や、免疫系の病気がある方
     ④ 5歳未満の小児

  また、舌下免疫療法に際して注意が必要な方は、次の6項目に該当する方です。該当する方は、医師とよく相談のうえ、治療方針を決めるようにしてください。
     ① 高齢の方
     ② 妊婦の方、授乳中の方 
     ③ 抜歯後など口内に傷や炎症のある方
     ④ 重症の心疾患、肺疾患および高血圧のある方
     ⑤ 全身性ステロイド薬の投与を受けている方
     ⑥ ダニ以外のアレルゲンに対しても反応性が高い方